モダンスイング 21

欧米打法の伝承

バンカーでザックリのチョロ

f:id:swinganalyst:20210905195930j:plain

ハンドレイトのヘッド先送り打ち

Question

バンカーで、どうしても大きく手前にヘッドが入ってしまい、

ザックリでチョロになります。


球位置に線をひいてみたところ、ボール2個くらい手前です。
お助けください(゚Д゚≡゚Д゚)゙?
コックでしょうか。。

 

Answer

そんなものだと思います。
一万円札を置いて、その真ん中にボールを置いて、ちょうど一万

円札の分の砂を取るようにと言うのが標準です。

 

しかし、問題は大きさもあるのですが深さです。
深く入り過ぎるとチョロ、浅いとホームランですので、中間のち

ょうど良い深さに入れる練習が必要です。

 

そのためには普通のショットとは違う打ち方をします。
ハンドレイトに構えて、ヘッドを先送りしてハンドレイトに戻し

て打ちます。
この時に手首のコック、アンコックを使ってリーディングエッジ

ではなくフェイスの裏側のバウンスで砂を叩くように落とします。

 

ちょうどメンコを叩きつけるように鋭角にしかもフェイスの裏側

全体が落ちて、そのまま滑って奥に入らないようにするのです。

 

上手く叩けるとパツーンと言ういい音がして、爆発したようなエ

クスプロージョンショットになります。

 

ウエッジはバウンスが12度以上だと砂に潜り難いのですが、こ

れだと芝で使えないので、4度くらいのウエッジでも砂で使える

ように、ザックリといかないように練習してみてください。

 

掬ったり、祓ったりは距離がない、顎が低い場合にはできますが、

遠くにそして高く上げたい時などはエクスプロージョンです。

 

https://www.instagram.com/p/B6paOmBlSrZ/?utm_source=ig_web_copy_link