モダンスイング 21

欧米打法の伝承

番手に合った前傾角度とは

f:id:swinganalyst:20211028214320j:plain

前傾角度を測ってアドレスする


Question

スイングで悩んでいるので質問です。
ドライバーだけが下手くそです。
最近、アイアンもドライバーもハンドアップに変えたのですが少

し良くなりました。

また、つま先下がりの傾斜からナイスショットが多く、つま先上

がりだとミスが多いです。
ハンドアップ側、またはアイアンのヒールが浮いている状態?の

方がナイスショットが多いと言う事は、どこが悪いのでしょうか?

 

Answer

症状が良く分からないので想像でお話をしたいと思います。

まず考えられるのは前傾角度です。

 

その番手の前傾角度で打っているかどうかです。
つま先下がりがナイスショット、つま先上がりがミスとあります

が、通常はつま先下がりはトップ、つま先上がりはダフリになる

傾向があり、ダウンスイングの番手に対した前傾角度に問題があ

るかも知れません。

 

もともと前傾角度がその番手に合っていないと、その都度違う角

度で降ろして来ないと当たりません。
ところが、前傾角度がその番手に合っていると、体に対しては全

く同じ角度でダウンスイングしてどの番手も当たるようにクラブ

は設計されているのです。

 

この基本となる原理を指導する人が少ないのが現状で、野球のよ

うにどこに来た球でも打てるようにするべきだと言う、とんでも

なく遠回りをするスイング理論で指導しています。

 

ゴルフは球が止まっていますので、毎回同じスイングで当たるの

ですが、もし、どの番手も同じ前傾角度だと、長い番手を打って

当たっていてすぐに短い番手に持ち替えるとトップします。

 

また、短い番手で長い物に持ち替えて同じ前傾角度で打つと一球

目はダフります。
しかし、普段練習場で同じ番手で何発も打っていると、体が調整

して降ろす角度を変えて二球目からはナイスショットになるため

に、練習していても一発目がミスでも気にならなくなります。

 

ゴルフ場は二発目からは数えませんので、二発目からいくら当た

ってもスコアは良くなりません。

最初の一球目でナイスショトをするには、ダウンスイングの軌道

角度をどの番手も体に対してまず同じ角度にすることです。

 

また、傾斜でのミスの場合も左足上がり下がりに限らず、つま先

下がり上がりも同じように傾斜に沿って立つ事が大切で、つま先

下がりは重心をつま先に、そしてつま先上がりの傾斜では重心を

カカトに置くと良いでしょう。

 

その基本となる重要な原理がアップされているサイトがあります

ので、それを参考にしてみてください。

https://www.youtube.com/channel/UCigfDLVHVqw8aKo9Md29pHg

 

f:id:swinganalyst:20211028214425j:plain

着地した所が球の位置(体からの距離)