モダンスイング 21

欧米打法の伝承

松山選手の実力ってどのくらい?

f:id:swinganalyst:20211026212030j:plain

優勝おめでとう!

Question

松山選手がZOZOで優勝しました。
7勝目で日本人としては出来過ぎで、偶然にしては勝ち過ぎです。

世界から見たらどのくらいの位置にいるのでしょうか?
また、ランキング1位になるのはどうすればなると思われますか?

 

Answer

ゴルフは再現性ですので、実力があっても不調な時や実力はそこ

そこでも好調な時があって、なかなか比較がし難いと思います。

ランキングは順位によってもらうポイントなので、優勝する年は

上がりますが、ちょっと優勝から遠ざかるだけで簡単に落ちてし

まいます。

 

今回は好調だった事もあるのですが、コースが日本だったので芝

質は幼少期から慣れている事があって、しかも全米オープンとか

のようにグラスバンカー的に長い所がなかったのかボールが行な

かったのか、割とライの良い所からの寄せが印象的でした。

 

それでも逆目の所はしっかりとHSを上げて寄せていたので、世界

標準の定石通りに打っていました。

 

パーオン率が一位だった事で参加者の中ではショットは一位と言

う事で、実力者が好調な時の数値だったと思います。

確かにロングパットが入ってイーグルなどもありましたので、実

力プラス運はあったと思います。


通常、4日間のうち1日は運の悪い日がほとんどあるのですが、

今回はなかったように思えます。

初日が幸運日で普通の日が3日あったような印象ですし、参加者

に王御所がほとんど居なかった事、これも彼が持っている運だと

言えるでしょう。

 

タイガーの全盛期には誰も歯が立たなかったのですが、現在は多

くの人に優勝のチャンスがある時期です。

 

賞金金額はメジャー並みなのですが、タイガーは事故で療養中、

マキロイ、ケプカ、ダスティンジョンソン、ジョーダンスピース、

ダスティントーマス、フィルミケルソン、ジェイソンデイ、デシ

ャンボーなどの調子を回復して来ていた大御所達が不参加でした。

 

また、直前にも5人程キャンセルしてくり上げで日本人選手がか

なり出場していたのですが、やはり設定が世界レベルだった事で

ほとんどの日本人選手達は上位には行けませんでした。

 

その中で松山選手が優勝したのは日本人の中では最高のレベルで
あり、参加したプロ達の中でも一位だったのです。

しかも、時差ボケを調整する能力や体力も精神力も確かにレベル

が高いと言えるでしょう。

 

最期の18番でのイーグルはマキロイやケプカなどと同じような

ショットができる事で関係者達を驚かせていました。
二打目のウッドの精度は世界のトップレベルでしたので、好調だ

けではなく、実力もどんどん上がってきているのだと思います。

 

また、特に印象的だったのはコントロールショットです。
長い番手でヘッド速度を落として打つショットで、スピン量や距

離を抑える引き出しが増えたようです。

グリーンが遅い時にバックスピンで戻し過ぎがほとんどなかった

印象です。

 

あとはパティングで返しのラインを見る事や、人のラインを参考

にする事、また、パティングライン読みの事前の下見を念入りに

する事でさらにスコアは良くなるかと思われます。

 

また、改造などはせずに再現性を高めながらズレの修正だけにし

て、この好調をキープする事が大切だと思います。
岡本綾子選手が言うように、成功するとスイングをいじりたくな

る、と言う事で改造してしまう選手が多く、そのほとんどは滑落

して来ました。

 

あえて言うならばスーパースターのように 1 Y ごとの縦距離が打

ち分けられるような技能を身に付けることで、世界ランキング1

位も夢ではありません。

 

これには時間が掛かる事ですので、今後はシニアまでシード権を

維持する事やストレスのない生活ができるように自分を追い込ま

ず、ゴルフが好きだと言う気持ちを大切にして、あまり頑張り過

ぎないようにしていただければと思います。