モダンスイング 21

欧米打法の伝承

勘違いスイングなのでは?

f:id:swinganalyst:20211024174854j:plain

軽くて柔らかいシャフトはチーピンが出易い

Question

レッスンでアイアンをハンドファーストにアドレスした方が良い

と言われ、若干左に行きますが、飛距離がグンと伸びました。

 

スイングはドライバーからウェッジで全て同じで良いと言われた

のですが、ドライバーとウッドで酷いチーピンが出ます。

 

ウッド系はアドレスを変えるんでしょうか?

 

Answer

レッスンで方向調整はしてもらえないのでしょうか?
ハンドファーストにすれば打球が低くなりますので、その分飛距

離が伸びます。

 

チーピンが出るとの事ですが、真芯に当たっていますか?
芯なのにチーピン(酷いフック)となると、グリップがストロン

グの可能性もあり、その場で診断して修正を入れないと正しい判

断はできません。

 

チーピンの場合にはシャフトのトルクが高いと出易く、ハンドダ

ウンになっているだけでフェイスが左を向きますので、それでも

チーピンが出る可能性があります。

 

また、長いほどフックや引っ掛けになるのは体が止まっている場

合は体重移動が足りない場合もあり、短い番手でも左に飛ぶ場合

は体が止まっている可能性がありますので、原因は球質やフォー

ムを検証する必要があります。

 

レッスンでお金を払っているのでしたら、バランス調整や方向調

整、タイミング調整などをしてもらえば良いと単純に思うのです

が、なぜ質問されないのでしょうか?


また、そんな球が出るのに先生は黙って見て見ない振りをしてい

るのでしょうか?

 

クラブのライ角やセッティングなども方向調整に入りますので、

道具で修正できる部分なのか、フォームで調整するものなのかを

見極める必要もあります。

 

原因が複数の場合もありますので、適当に試行錯誤して修正して

いると定着している部分を崩してしまう事もありますので、もっ

と慎重に取り組む事も大切です。

 

ズレなどは早期発見、早期修正を何度も繰り返しながらナイスシ

ョットを定着させてください。