モダンスイング 21

欧米打法の伝承

起き上がらないとダフる

f:id:swinganalyst:20211024045041j:plain

起き上がって打つ中期頃の打法


Question

ルフレッスンでインパクトで起き上がっているので、修正

しました。
ところが今までは伸びあがって当たっていたのがダフるよう

になってしまいました。

このような状態の時に、前傾をキープしたまま、ダフらない

ようにするにはどうすればよいのでしょうか。

 

Answer

起き上がりを入れたスイングで起き上がりをしなくなれば縦

横バランスが崩れてダフる事になりますので調整が必要にな

ります。


最初から現代のスイングを習得していれば、このような二度

手間がありませんでした。
ほかにもまだまだあるかも知れませんので、全てを確認する

と良いでしょう。

 

ダフりの度合いにもよりますが、縦を少なくするか横を強く

するのがバランスを調整です。

 

飛距離の事を考えると横を強くする方が良いと思いますので

横の動作や形を組み込みましょう。

 

あるいは最下点を目標方向に移動させるとダウンブローにな

ってスピン量の多い球が打てるようになります。

スピン量が少ない方はこの調整を行います。

 

横が強くなる動作は腰の回転などがあります。
速く回転させながら後ろの打席方向に左のお尻を突き出すと

最下点も目標方向に移動し易く、軌道もフラット気味になっ

てダフリを調整する事が可能です。

 

あるいは左脚で蹴りながら腰を開く、あるいは腰自体を開く

力を強くするなどで、体を使って横回転を速くします。

 

また、ハンドファースト度を上げると、地面に届かなくなる

ほど今度はトップしますので、どこでクラブを返すかで調整

する方法もあります。

 

人によって振り方が違いますので、正しい診断をして、どこ

で調整するかを判断をされると良いでしょう。