モダンスイング 21

欧米打法の伝承

体を使って打つとは

 

f:id:swinganalyst:20211004203717j:plain

体を弓にしてエネルギーをタメて一気に放出

Question

手打ちがどうしても治りません。
体を使おうとするのですが、どのように使うかが具体的に良くわ

かりません。

腰始動だとか、ボーディーターンだとかは良く聞くのですが、ど

うすればそれらが出来るのでしょうか。

体を使う必要性は分かっていますので、まず体のどの部分を使え

ば良いのか教えてください。


Answer

スイングは色々あって、それぞれの打法によって使う部位が違い、

人によってそれらの部位の強度やタイミングが違います。

簡単に言えばダンスのように、体全身を使い、スタイルや振り付

けによって色々な動作があるようなものです。

 

スイングは飛距離に比例して動作が増えます。
200 Y 以下で良いなら手打ちで十分なのですが、300 Y を出そう

としたら手だけでは飛びません。

 

まず腰始動と言われる理由はバンプにあります。

バンプとは「ぶつける」と言う意味で、左の壁に左腰をぶつける

事を言います。

 

壁はないのになぜぶつかるのかと言うと、みぞおちをへこませて

猫背にした体で頭は右のままで左に重心を移動しながら捻じると

体は弓のように張りができて、あたかもぶつかるような感覚があ

るからです。これは捻じり、反りと言う体のバネを使う方法です。

 

そして、腹筋の収縮によって上半身を沈めて圧縮するとさらに体

の張りができて弾けるように肩が回転します。

この効果だけでも飛距離が伸びますので、インパクトで伸び上が

ったり軸ブレをする方はこれが出来ていないと言う事です。

 

この弓の張りが使えると、瞬間にパワーが出て、自分でも信じら

れないほどの効率の良い回転ができ、フィニッシュで止められな

いほど振り回される感覚があります。

 

これは振り回すのではなく、何者かに振り回されているような、

信じられないパワーを感じると言う事です。

 

この体を弓にする効果は飛球術 15 種類ほどの中の一つですので、

これ以外の技術も一つずつ習得されると、その度に同じような自

分の力以上の効果を感じながら飛距離が伸びて行きます。

 

ボディーターンと言うのはいかに体で回転力を出すかと言う技術

で、この弓効果だけではなく腰や脚を使ってさらに回転を速める

連動を言います。レッグアクションやニーアクション、ヒップア

クションなどもこれに含まれます。

 

右脚の踏み付けから左脚の蹴り戻し、両脚の挟みや腰引き、腰の

開きや後ろ打ち、横打ちや右足の蹴りなどによって重量とヘッド

速度を上げる技術が沢山あります。

 

これらは動画を見ても解説を聞いてもなかなか実感できるような

簡単な技術ではなく、実技でみなさんビックリして目から鱗だと

関心されており、聞いただけでは分かる訳がないと口を揃えて仰

います。

 

また、飛距離が出れば出るほど方向性が求められ、少しのブレで

も使えない珠が出てしまいますので、動作組み込みが終わったら

バランス調整、タイミング調整などを行い、精度を上げながら動

作を定着させなければ意味がありません。

 

ただし、中高年の方は怪我をする危険性が高いので、基本動作に

プラス飛ばしの技は5~6種類に抑えて、それぞれを3~4割程

度に落とした方が良いかも知れません。