モダンスイング 21

欧米打法の伝承

素振りと本振りで振り方が違う

f:id:swinganalyst:20210918063805j:plain

球を見ると素振り通りにできない

Question

レッスンプロが言うには、素振りの時のフォームは綺麗だけどボ

ールを目の前にすると全く違う振り方をしていると言います。

私的にはボールを見ていないからかなって思いますが見ようとし

ても、力んでダフりトップばかりです。

どのような練習をすれば良いのでしょうか?

 

Answer

お金を払っているのですからそのレッスンプロにどうしたらよい

か聞いてみては如何でしょうか?

 

恐らく納得がいく解説や練習法が分からずに、そのくらい自分で
探してくれと言うプロなのかも知れませんね。

良く聞く話です。

 

素振りと球を見た時と何が違うのか考えてみてください。

それは意識です。


素振りは体の動きに意識が行っていますが、球を見ると球に意識
が行きます。

これで体の動きがおろそかになって当たらないのです。
ではどうするかです。

 

結論から言うとそのスイング動作が定着していないのが原因です。
定着すれば意識せずに自然に同じ事ができるようになるのです。


これは定着度の問題で定着度は1~10まであります。

1は数発だけ同じ事が出来る、そして10は外出時に鍵を掛けた

かどうか分からずに戻ったら鍵が掛っていた、と言うレベルです。

 

ゴルフは最終的には10にまで持って行く事で、何も考えずに無

意識に正しい動きができるレベルまで定着度を高めなければなり

ません。

 

ところが、定着がまだ低い段階で意識が他に行くと、全くその動

作はできなくなります。
せめて10発中8発はできる段階にならないといくらラウンドし

てもミスだらけでしょう。

 

では、その途中の段階ではどういう練習をするかです。

一つは1万回正解な素振りを反復する事、そして二つ目は球を置

き、手前で止めずに何度か連続して素振りし、そのまま何も考え

ず、止めず、仕切り直さずに打つ練習法です。
もちろん両方をすればもっと早く定着します。

 

間違った動作で打っているとそれが定着して癖となって取れなく

なる事もあります。

また、素振り用のスイングと本振り用のスイングのフォルダーが

二つできてしまい、定着度が上がれば上がるほど間違ったフォル

ダーが開くるようになる事もあります。

 

素振りができているならそんな良い事はありません。
素振りですら正解のスイングが出来ない人が大勢います。
思った動きができるのですから、とにかくそのフォームで定着度

を上げるようにして下さい。