モダンスイング 21

欧米打法の伝承

バックスピンで戻すには

f:id:swinganalyst:20210917052400j:plain

バックスピンはダウンブローに打たなければならない

Question

グリーン上でバックスピンが掛かりきれいに戻ってくる球という

のはプロにしかできないような高難度の技なんでしょうか?

 

戻ってくるためには想像以上にもっと強烈なバックスピンが必要

なのか、そもそも打ち方自体がなってないのか、それとも練習場

の芝の材質等からして難しいのか、いろいろ考えてると埒が明か

ない意味でキリがありません。

 

バックスピンで戻す球を計算で狙って打つのはやはり上級者でな

いと厳しいでしょうか?

 

Answer

バックスピンは柔らかいグリーンであれば 8000 回転ほどあれば

戻るかと思います。ただ、条件があります。

 

まずグリーンが柔らかい事、ボールがスピン系、クラブが MB か

ハーフキャビティー、溝がある程度ボールを噛む形状、そしてパ

ワーやダウンブローで打つ必要があります。

 

中には違反クラブがあり、溝の幅を広くしたり、スクエアグルー

ブと言う溝が直角に切られた形状などは球を良く噛むのでスピン

が掛るのですが、合法クラブの場合はスイートスポットが小さく、

真芯に当てて球をつぶさないと戻るほどのスピンは掛かりません。

 

PGA選手で遊びで誰が一番戻せるかと言うゲームをやっていた事

がありトップ選手達は 10m ほど戻していました。

彼らはグリーンがコンパクション 25 と言う硬さだと 7 番アイア

ンは 4 m 転がるのが平均だといいます。


軟らかいグリーンならその場で止まるか、中には戻すほど止まる

事があるのですが、マスターズのような厳しい設定下ではいかに

バックスピンが掛けられるかも実力となります。

 

しかし、タイガーウッズはボールは落ちた場所に止めるのが理想

だといい、試合ではほとんどバックスピンで戻しません。

グリーンの傾斜などで受けグリーンでバックスピンを掛けると、

どのくらい戻るか分からず、ガルシアが3回連続でバックスピン

で戻し過ぎて手前の池に落とした事があります。

 

彼は後のインタビューで3回とも完璧なショットだったのに・・

と言っておりタイガーウッズの理想論とは違うコンセプトだと言

う事が分かります。

受けグリーンで柔らかい場合はスピンコントロールと言って、コ

トロールショットでバックスピンの少ない球を打って、その場

で止める事が理想で、池に落としてまでスピンを掛ける必要はあ

りません。

 

マチュアはそのレベルではありませんが、飛距離やスピン量を

減らしたコントロールショット1 種類とフルショット の 2 種類が

打てればほとんど問題ないと思います。