モダンスイング 21

欧米打法の伝承

硬いシャフトでスライスが止まる

f:id:swinganalyst:20210908182347j:plain

硬くて捻じれないシャフトで真っすぐ飛ばす



Question

ゴルフ歴3年で当たれば 260~280yくらい飛ぶのですが、大きく

スライスしたり左にいったりと安定せず OB も出ちゃいます。


先日ショップに行ってフィッティングしてもらったら、ヘッドス

ピードが 47~ 48 あるようで、今のクラブが全くあっていないと

言われました。

 

それで 65X を試打したら、確かに直進性が素晴らしく、ほとんど

曲がらずに 270~280y飛んでストレスなく振れました。

すぐに買換えを勧められましたが、どうもその店員さんがうさん

臭くて購入を保留しています。

 

現在のクラブでまっすぐ飛ぶようにもっと練習するべきか、買い

替えるべきか意見をお聞かせください。

 

Answer

ショップはフィティングと称してスイング計測をし、クラブを薦

める販売促進を行っています。

 

本来フィティングとはライ角や重量フロー、ウエイトバランスな

どの調整を行う事なのですが、調整をせずに新しいセットを売る

事が当たり前のように行われています。

 

うさん臭いのはそんな分けで仕方がないのですが、硬いシャフト

にする事は正解です。

 

これは硬さと言うよりトルク(捻じれ度)です。

トルク値は低い物ほど捻じれ難いので、フェイスが開き難い事で

スライスが減るのですが、 42 インチ時代は木製のシャフト、そ

して 43.5 インチ時代は鉄のシャフトで捻じれが軽いカーボンより

少ない物を使っていました。

 

今は 3 インチも長いクラブなので何とか軽くするために、カーボ

ンが使用されていますが、軽いと言う事はそれだけ材料が少ない

ので、異常に捻じれてしまいます。

 

中にはシャフトの先端辺りに金属を入れて捻じれないようにして

いるシャフトが流行っているのですが、値段が高いので、通販で

85 X が 6000 円程度で入手できますので、ウッドも含めて交換す

ると良いかも知れません。

 

ちなみに、今のシャフトでスライスが出ないように打つにはヘッ

ドスピードを下げる事になりますので、それでも良いのでしたら

そのままでも良いと思います。

 

初心者は柔らかいシャフトを使えと言うのは嘘ですので、オーバ

ースペックだとか言われても硬くて重いシャフトがお薦めです。

 

なお、R、S、 X  などのフレックス表示もずらして販売している

メーカーがほとんどですので、本来はヘッドを付けての振動数で

比較しないと分かりません。

 

今の X は昔の S よりも柔らかいという事がありますので、実際に

打ってみて真っ直ぐに行くのでしたら、そのヘッド速度でも異常

に捻じれたりしないシャフトだと思います。